2006年06月21日

誰も見たことないものを

前略、オフクロさんよ。。
先日新幹線に乗って、
「あぁこれはもう高速バス乗れないな」
と思ってしまった息子、せとです。

さて、今日は帰り道でこんな出来事がありました。
もう本当に申し訳ないんですが、いまだに社長には映画を
よく見せていただいてます。

今日見た映画は「ライトスタッフ」という映画で、
アメリカのマーキュリー計画を描いたものなんですが
それを見終わった後、こんな話になりました。

「誰も見たことがないものを見せてやる。
 ただしそれを見たらもうここには戻れない。どうする?」


よく宇宙人から自分の星へ招待…なんていう感じでSFには
よく出てくるシチュエーションなんだそうです。

誰も到達したことのない部分を見ることができる。
その代わり、ここには戻ってこれない。
ある種、究極の選択とも言えそうです。

ちなみに自分は「いかない」、社長は「速攻行く」でした。
みなさんはどうでしょうか??
posted by せと at 00:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ライトスタッフ
Excerpt: ライトスタッフ『ライトスタッフ』( ''THE RIGHT STUFF'' )は1983年のアメリカ映画。1979年に出版されたトム・ウルフによる同名のドキュメンタリー小説を原作としている。第56回ア..
Weblog: 映画の缶詰
Tracked: 2006-07-11 05:56